読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済ふわっとニュース

経済ニュースについてふわ~っと突っ込んでみたりみなかったりしています。

新しい改造内閣発足!キャッチーな「未来チャレンジ内閣」とは

 

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/__icsFiles/afieldfile/2016/08/03/daijin_1.jpg

 第3次安倍第2次改造内閣 閣僚等名簿 | 首相官邸ホームページ

 

新しい内閣の官僚人事発表のニュースが流れましたね。

news.yahoo.co.jp

今日は、この新しい内閣改造のニュースについて、あれこれ書いていこうと思います。

女性議員はもっと器用すべき

元アナウンサー丸川珠代さんの初入閣や、小池百合子都知事に続く、女性2人目の防衛大臣誕生など、今回も女性の起用が目立つ内閣の顔ぶれだと感じました。

女性ならではの目線を政治の世界にもってくるのは、私はとてもいいことだと思います。
昨今ではヨーロッパや中南米の国を中心に女性議員の人口が増えてきてますからね。

www.globalnote.jp

このサイトにあるグラフを見ると、先進国であるにも関わらず、日本は151位とだいぶ下の方に位置付けているのです。
まだまだ日本では、仕事は男性が行うものというのが根強く残っているんだなと感じました。

 

新しく「働き方改革担当相」設置

今回の内閣改造では、新たに「働き方改造担当相」なる役職が設置されたようです。
設置したところで、ちゃんと早急に結果を出してくれたらよいのですが、設置するだけで、結局は天下りと変わらないというのが多くのパターンになっているので、ほとんど期待はしていませんが・・・

大臣設置しても良いほうに変わるのではなく、庶民にとっては首を絞められることが多くなっているのが現状なのですが。

 

福祉と接客業どうにかしてあげて

現在、人手不足で深刻な状態に陥っているのは、福祉系と接客業でしょう。

cards.hateblo.jp

マックは経営不振に陥っているのにも関わらず、都心の平日時間帯が深夜並みになっているようです。
私は、この記事を見て時給の高さにビックリしたのですが・・・

この時給は都心部だからできる額ですが、都心から遠ざかるに連れて時給も下がります。
このままいくと地方の人手不が増えてくるのは避けられないでしょうね。

今回の「未来チャレンジ内閣」では、どのように働きやすい社会へと変わっていくのでしょうか。
新しい閣僚の手腕が問われますね。