読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済ふわっとニュース

経済ニュースについてふわ~っと突っ込んでみたりみなかったりしています。

コインロッカーに革命!その名も「失敗しないコインロッカー」

世の中 仕事

http://www.centrair.jp/service/__icsFiles/afieldfile/2012/12/05/s11.jpg

 http://www.centrair.jp/

 

今日は「失敗しないコインロッカー」というタイトルに惹かれてしまったので、こちらのニュースについて、少し突っ込んでみたいと思います。

news.livedoor.com

失敗しないコインロッカーとは

通常のコインロッカーの場合は、ロッカーに入れてカギをしまうと、再度カギを開けてお金を出してみたいなやりとりが必要となります。

しかし、こちらの失敗しないコインロッカーの場合は、ドアのところにさらに小さなドアがついており、お金を入れた後でも小さなドアの部分から取り出すことができるのです。

ちなみに、このドアの部分にもカギはついておりますので、誰かに空けられてしまうという可能性はありませんのでご安心を。

 

実際の失敗しないコインロッカーとはこんな感じです。

http://lpt.c.yimg.jp/im_sigg1zUyZIMsFnGWjvnd2zn_AA---x200-y133-q90/amd/20160705-00000011-withnews-000-view.jpg

 http://news.yahoo.co.jp/

 

失敗しないコインロッカーの構想は40年前

失敗しないコインロッカーの構想は、実は40年前からあったそうなのです。
しかし、デジタル式よりもアナログ式のシリンダーの構造のほうが技術的に難しく、着手することができなかったそうです。

失敗しないコインロッカー構想に転機が!

二年ほど前、コインロッカー構想に転機が訪れます。
一定時間内なら何度でも出し入れができるという他社製のコインロッカーが廃盤となってしまったのです。
その際、ユーザーの方から同じような製品はないのかと尋ねられたことがきっかけとなり、制作の実現と至ったのです。

40年前の構想が、現在でも活かされる技術というのは凄いですよね。

 

失敗しないと言えばこの人

http://livedoor.blogimg.jp/konnnatv/imgs/d/6/d6e08a11.jpg

 http://blog.livedoor.jp/konnnatv/

「私、失敗しないので」というフレーズでおなじみのドラマ、「ドクターX 外科医 大門未知子」でしょう。
一度聞いたら、しばらく耳に残るフレーズですよね。

先日スペシャルドラマが放送されていましたが、ご覧になった方も多いのではないでしょうか?
私は、録画はしてあるのですが、まだ見れていない状況です。
今週末の休みは、絶対に見ようと思います!


私、天海祐希さんや米倉涼子さんのような、「できる女」「強い女性」みたいな雰囲気がとても好きで、私も仕事ではそんな人でいたいなーなんて思っていたりします。
現実はそんなに甘くはないんですけどね・・・
私も、「私、失敗しないので」みたいなフレーズを言えるようなカッコイイ女性になりたいものです。

 

上記で紹介したコインロッカーは、この会社のものは「失敗しないコインロッカー」に順次切り替えていくそうです。
コインロッカーを見かけた際は、「失敗しないコインロッカー」であるか確認してみるといいかもしれませんね。


私も、大門未知子になれるよう、このコインロッカーにあやかってみようかな(笑)